So-net無料ブログ作成
検索選択

ブロードメディア株式会社(4347)第16回定時株主総会に行ってきた(2012/06/21) [一般]

※ブログ作成者のレベル不足を考慮して読んでいただければと思います…

20120621_2.jpg

20120621_1.jpg

 ブロードメディア株式会社(4347)第16回定時株主総会に行ってきました。場所は昨年と変わらず、東京メトロ表参道駅B5出口から直結されている青山ダイヤモンドホールでした。

20120621_3.jpg

 定刻15分前の9:45に入場すると既に入っていたのは13名程度…ここは机のある席も75程度しか用意されておらず、昨年も30名程度の出席だったのでこんなものです。
 ほどなくすると書記などのスタッフが入場、5分前に注意事項の説明が始まり、録音・撮影の禁止や、地震が起こった際の対応についての話がありました。
 そして10:00に役員が入場(ここは席の前に大きな字で氏名、役職の書かれた紙が貼られており、誰が誰だかすぐ分かります)、定刻通り総会が始まりました。議決権の数~監査報告~事業報告のスライドのパターンです。

 事業報告ですが、2011年度は売上、経常利益、営業利益はダウン、純利益はアップでした。営業利益が下がったのは、(落ちると言われていた)ネットワーク営業の売上、利益の減少を他で補えなかったためですが、これと投資有価証券売却損によって法人税等の納税額が減少し、繰延税金資産が増加して純利益としてはアップしたということです。

 ところで、ブロードメディアというと映像に関するあらゆる事業を行っているイメージですが、4つの成長エンジンとして、

・動画配信サービス「T's TV」
・デジタルシネマ倶楽部
・BS釣りビジョン
・教育サービスルネサンスアカデミー

 を強調されていました。昨年は「独自性」というキーワードがたびたび出てきたと記憶していますが、今年は具体的なサービスとしてこの4つを成長エンジンとして挙げられていたのが印象的です。

 その他、資金調達等についての状況、対処すべき課題、貸借対照表の説明…連結キャッシュフローの説明もありましたが、設備投資としてデジタルシネマサービスに係るデジタル上映機器の取得に13億ほどかかっており、ここに力を入れていると感じました。

 10:25にスライドが終了し、議案の採決に入りますが、ここで質問の時間があり…昨年は一つも出ませんでしたが今年はありました。質問は2つでいずれも出席番号23番の方で、回答も橋本太郎代表取締役社長がされました。例によって言葉をそのままでは載せられず、若干ニュアンスが違うかもしれないことあらかじめお断りしておきます。

Q1
当社の使用人が12名減って66名となっているがその理由はなにか。

A1
経営の効率化のため、本社からグループ会社への出向等がある。グループとしては380名前後で変化はない。もちろん、適正な人材の確保に努めた上のことである。

Q2
配当について。配当自体安いと思うが中間配当をなぜ実施するのか。コスト面で問題はないのか。

A2
株主は5,000名弱いるが短期間で移動する人が多い。長期に保有される方を考慮し…上場会社の特性としてそうしている。

23番の方:上場会社の特性というのは意味付けになっていないのでは?私はクラビット時代からの保有者だが費用削減して欲しい


 会社によっては株主が質問を終えてから議長が要点をまとめて「これこれこういう質問がありました」「~が回答します」となって分かりやすいのですが、ここは質問に対して議長がすかさず回答されるので付いて行くので一杯でした…。

 質問はこれだけで、採決もすべて可決に終わり、10:34に総会は終了したのでした。
 ただ、ここは1時間程度の経営近況報告会があり、休憩ののち10:46に始まりました。主に4つの成長エンジンである「T's TV」「デジタルシネマサービス」「BS釣りビジョン」「教育サービスルネサンスアカデミー」についての詳しい説明がありました。ここではT's TVとデジタルシネマサービスについて書きます。

・T's TV(レンタルビデオ)
 これはいわゆるVOD(ビデオオンデマンド)で、主要テレビメーカ5社が対応済みとなったこと、LGのスマートTVに搭載、スカパーJSATへのプラットフォーム提供がなされたことの説明がありました。
 またT's TVのデモとして、LGジャイロリモコンやタブレットでの実演がされました。Gクラスタ技術によって操作がクラウドサーバを経由してTVに…またタブレットでもTVでもプレビューできることなど。
 実際にビデオをレンタルしてTV上に再生するところまでやりましたが、TVの仕様でバッファリングが長くなり画面が一定時間暗くなってしまう(仕方のない)問題点がある説明もされていました。
 また、UBISOFTのゲームデモ(シューティング)も行い、打つことがサーバを通じて演算されストリーミングする…時差を極小化していることの説明もありました。

 どうしてもTVの性能に依存するのが問題で、どのような形を目指すかが課題。また、ユーザからするとT's TVが面倒と感じるため、広まらないとも…このあたりの努力も必要だとも言っていました。

・デジタルシネマサービス
 目的は配信サービスを提供することだったが、そのために映画館の機材をデジタル化した。VPFは39社(300スクリーン)、配信提供のみが44社、83社で500スクリーン以上ある。これを今期中に150拠点、1000スクリーンを目指すと力強くおっしゃっていました。
 また、シネアドを手がけるともおっしゃっていました。

(VPFはvirtual print feeの略で、VPF事業者がデジタルシネマシステムを取得し映画館に利用させて、月々の利用料を徴収するシステム。映画館は初期投資を抑えることができ、映画配給側はコスト削減ができる)

 「時代は必ず来る」と最後に締めたのが印象的。

 この2つが収益の柱になりそうですが、個人的にはデジタルシネマサービスに注目しています。

 また、ルネサンスアカデミーについてもかなり力の入った話をされていました。
(この模様は動画で配信されるので、詳しい話はブロードメディアのホームページでご覧いただければと思います)

 ここでも質問を受け付けましたが、23番の方が一つ聞かれました。2013,2014年から業績が良くなるとの見込みだが具体的な売上、利益を示して欲しいという質問だったと思いますが、橋本太郎代表取締役は「ご指摘はもっともだが開発に関するものは予測が難しく、数字に責任を取らなければならなくなり発表はできない…」こんな感じの回答でした。

 11:45に経営近況報告会も終わりました。最後にお土産ですが…

20120621_4.jpg

20120621_5.jpg
 上野風月堂 ゴーフル銘菓セット2100円相当
 ミラル(フランス、イスラエル、イタリア、インド合作)のDVD

 でした。昨年は映画の無料券やパンフレットも入っていましたが今年はシンプルでしたね。出席者は総会開始時点で30名(男19、女11、社員は5名以上いたような)、その後少しずつ入って41名(男24、女17)だったと思います。昨年も感じましたが30代、40代の方が多かったような…女性も多かった。
 人数は昨年より増えましたが…昨年見かけなかったような風貌の方々は遅れて入って帰るのも早く…お土産は総会後なら貰えますがどうもそれ目的で来たような気がしました。

 このブログでお土産のあることを紹介し…残念な形で読まれてしまいました。
 ここは株を持つに魅力ある企業と思うので、それを伝えられれば…と思って作っただけに残念。

 ここの総会は質問が少ない分どうまとめて良いか…昨年もそうでしたがデキが悪いです。
 以上、株主総会レポートでした。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

株式会社インデックス(4835)の株主総会に行ってきた…(2011/11/29) [一般]

※全質疑応答をメモ、記憶している範囲で載せてあります
※そんなに詳しくない人の作成したレポートですので…
※11/30 21:45誤字等修正しました

 2012/11/26追記-今年の株主総会が明日11/27に行われますが、残念ながら行くことができずレポートできません…。

 株式会社インデックスの第16回定時株主総会に行ってきました。

20111129_1.jpg

 場所はリーガロイヤルホテル東京で、私は有楽町線の江戸川橋駅から歩いたのですが、出口でボードを抱えているスタッフ、欠伸をしてました…そういうタイミングもあるだろうけど…。
 歩いて10分かかるのでもう一人くらい立っているだろうと途中外苑東通りの交差点で見回すと、確かにいるのだが今度はボードを掲げてない…横にしといてどうする。

 入る前から「こりゃダメだ」という思いで会場に向かったのでした…。

20111129_2.jpg

20111129_3.jpg
 同じフロアで株式会社ヒト・コミュニケーションズの総会も行われていました
 人材派遣会社だそうで…

 10:00開始の5分前に会場に入りました。総会開始時の出席者は150名弱といったところ。業務内容(主にネットゲーム事業)から若い人が多いかと思ってましたがご年配の方の多かったのが意外でした…。

 定刻通りに総会が始まり、まずは議長落合善美代表取締役社長が赤字のお詫びをするのですが、アッサリと終わってしまい、軽い印象は拭えませんでした…そして例によって議決権の数に問題のないことを発表し、常勤監査の報告、スライドによる決算報告に行くのであります…。

 決算報告は基本的に招集通知に記載の内容をなぞりますが、説明の声が微妙に読み方違ったり、怪しい読みだったり…若干聞き取りにくいときもありました。またスクリーンが会場の広さからすると小さく、後方の人は字も読みにくかったところがあったかもしれず…まあそれでも立派な報告で終われば良いのですが…。

 現況の説明に入ったところでいわゆる「以下省略」…
 そこが大事なのでは…赤字の連続で本当に大丈夫なのかというのが株主の思いです。


 10:20にスライドが終わり議案の決議前の質疑応答が始まりました。ここは例年活発だそうで今年もかなりの質問が出ました。議案は定款の一部変更(取締役を7→8名に増やす)の件、取締役8名を選任する件、監査役1名選任の件、補欠監査役1名選任の件、ストックオプションとして新株予約権を発行する件の5つでした。
(その場でできる限りメモしたものなので、正確に表現できていなかったり、質問・回答内容のすべてを記載できていない可能性のあることをお断りしておきます…)


Q1.出席番号342番の方

 赤字なのに取締役を1人増やそうとしている。本来はコストを削るべきで矛盾しているのではないか?

A1.落合善美代表取締役社長

 取締役を1人増やすの目的は経営管理体制強化(コンプライアンス)。コスト増のないよう全体をコントロールする。


Q2.出席番号342番の方

 経営強化というが、具体的な数字を教えてほしい。

A2.落合善美代表取締役社長

 役員報酬、その関連コストが増加することのないようにしたい。また、数年かけてグループの事業再編、リストラを行っている。
 具体的な数字を申し上げるのは控えさせていただきます。


Q3.出席番号122番の方

 取締役の所有する株式の数のところが横棒(つまり0)の方が多いがどうなっているの?
 (拍手発生)

A3.落合善美代表取締役社長

 役員がもっと会社の価値を上げるべく努力する。


Q4.出席番号300番の方

 管理体制の具体的な内容を教えてほしい。何が足りないのか。
 地震のダメージがあると思うが、今後の想定と対策はどうなっている?

A4.落合善美代表取締役社長

 取締役を7→8名に増やした1人は弁護士の寺井様に依頼した。企業の管理に長けており、社外役員に据えることで、ベンチャーの精神を持つ当社が前に行き過ぎるところを抑えていただきたいと思っている。
 社外取締役が2→3名になったが、2人は事業サポートのテレビ局の方で、今回は弁護士の方にお願いした。

 タイでは洪水が起こったが、災害の想定が難しくなっている。集中が効率的だがある程度の分散化が必要。また、機動力ある連絡体制により被害を最小限にする運用をしたい。

Q5.出席番号335番の方
 (ご年配の方ですがなかなか良い味を出していました…)

 「議長さんは、社長さん?」

 「上場のあとに社長になりました。創業時から携わっております」

 「いや答えるのがあなたばかりだったので…」
 「私は27万でこの株を買って…17万に落ちたときにまた買いましたが」
 「最低単位はいくらで買えますか」
 「今の株価、どう思いますか?」
 「事業が上手く行っているようだが現実はどうなの?」

A5.落合善美代表取締役社長

 株価につきましてはご心配かけていることを改めてお詫び申し上げます。ただ、株価が実力を反映しているとは思わない。事業のユニークさ、素晴らしさを伝えたい。有望な芽がいくつも芽吹いている。業績の向上が株価の上昇につながればと思っている。

 出席番号335番の方「ところで今の株価はいくらですか?」

 「1,821円です」

 出席番号335番の方「ゼロが2つ足りないなあ(会場笑い)」

 「頑張ります」


Q6.出席番号216番の方

 海外事業の進捗と今後の展開について教えてほしい
 appliko(アプリコ-初心者/女性向けAndroidアプリマーケット)の収益化はどうなっているか?

A6.落合善美代表取締役社長

 携帯電話からスマートフォンへスピードを付けて移行しており、またfacebook、twitterなど世界的規模のコミュニケーションプラットフォームができている。コンテンツを配信しやすい環境面から事業拡大のチャンスととらえている。しかし国々で価値観が異なる問題があり、ローカルのパートナーが欠かせないが、米・仏・中・タイ・サウジにパートナーがいるのは当社にとって大きなアドバンテージである。これを利用して多くのユーザに積極的に展開していきたい。そしてこの強みを発揮できる環境をつくっていきたい。

 applikoはNTTコミュニケーション様と連携して作ったものである。スタートして1年経ち月に2,000万PVある。広告収入の他に、今後はダウンロードによるインセンティブを得たい。有数のメディアとなれるように。


Q7.出席番号121番の方

 対処すべき課題について。財務体質の強化が必要だが有利子負債が213億ある。これは売上に対し過多である。数値的にどのくらい下がってきているのか。

 BSと損益計算書について。純資産の毀損がひどい。大幅な特損を出して赤字になっている。債務超過もあるのではないか?

 私も27万で株を買った。業績のアピールは良いが、企業価値・株価が上がるかは疑問だ。

A7.村上常務取締役

 有利子負債の経緯については、2007年8月時に550億あったのを2011年8月時に213億と半分以下に減らしたが、健全化にはさらなる圧縮が必要である。これについては全行と協議中だが、事業計画に一定の理解は頂いている。短期借入金の長期化を図るべく頑張る。今は話している段階である。
 現在は事業収益で返済できないので資産売却でカバーしている。今後は事業収益メインで返済するつもりだが、流動性の高い資産は売却する。2~3年の間に150億前後の(適正な)残高に減らせば、5~10年で完済可能とみている。

 債務超過の恐れについては株主の方が不安に思われるのも当然です。エクイティファイナンス(新株発行に伴う資金調達)の実施を含めた戦略を、タイミングを見て、責任を持って、株式価値を毀損することのないように行いたい。


Q8.出席番号304番の方

 パートナー企業について。発展的というが大手との絡みが良く分からない。

 海外戦略について。サウジアラビアで独占契約したそうだが儲かる訳ないと思っている。これについて具体的に説明して欲しい。

 (あと、「株価は評価されていないというが、そうなんだから…」ともおっしゃってました)

A8.落合善美代表取締役社長

 ネット&ゲームについては、国内事業者としてdocomo、KDDI、SOFTBANK、(applikoの)NTTコミュニケーションズ様が重要なパートナーと思っている。また、ソニー、任天堂、マイクロソフト様にはゲームのユニークさを評価いただいており、また常に先行した情報を下さっている。フジテレビ、テレビ朝日様とは引き続きインターネットビジネスを…。
 パートナーの皆様とは発展的な取り組みができるととらえている。具体的には、i-modeのスマートフォン版「dmenu」のコンテンツ提供であります。
 (回答が長くてメモしきれませんでした…)

 サウジアラビアとは、2年前にサウジアラビアの政府機関KACSTとスクール事業を(日本で唯一の企業パートナーとして)展開している。サウジアラビアは石油に代わるビジネスの候補としてゲームとアニメをあげ、クリエイターの育成をしている。10名をリヤドに招致し、200名の若者をCG・オンラインゲーム開発に携われるよう育成している。
 収益についてはサウジアラビア政府からの支援金がKACSTを通じて出ており黒字である。

 (その他、東南アジアの各国についても話されていました。例えばタイは3G→4G、スマートフォンへの移行期であるが、世界最大のチップメーカーMediaTek社とタイにある当社子会社が提携し…東南アジアの端末メーカーに技術力のないところ多く、OEM提供して…コンテンツストアにより長期的に収支の向上を…のようなことを言っていましたがどこまで正しく書けているか…)


Q9.出席番号136番の方

 期間・売上・利益の数字の話が全然出てこない!
 (「その通り!」のヤジ入る)
 目標の数字くらいは出しましょう!

 借入金について。金利が3%として…6,7億かかる。資産処分できるものがあるのか?エクイティファイナンスになるのだろうか?整理回収機構の返済はいくらで、いつまでか?

A9.村上常務取締役

 整理回収機構は一金融機関様ととらえており、メガバンクと同様の関係を築いていきたい。短期借入金であるのは間違いないが、1年ごとに協議している。これを減らしたいが事業収益からは難しいので流動資産から圧縮していく。複数年かけて収益から減らしたい。計画的に進めていきたい。
(繰越欠損金の積み重なり…キャッシュフローを最大化して有利子負債の圧縮を図りたいとも)

A9.落合善美代表取締役社長

 230億の売上に対して海外の占める割合は20%、営業利益に対し海外の占める割合は25%である。今後は海外の割合を増やしていきたい。


Q10.出席番号128番の方

 (穏やかな口調で)すべては結果です。4期連続の赤字、純資産は440→7億に減っている。ひどい!経営責任を追及せざるを得ない(場内拍手)。

 「収益体制を構築できないならば、責任をとろう!」

A10.落合善美代表取締役社長

 「真摯にやっていきたいと思います」


Q11.出席番号309番の方

 株価はいくらが適正でしょうか?具体的数字でお願いします。
 いつ頃栄光あるインデックスに戻るのか。社内で計画を立てているのか?

A11.落合善美代表取締役社長

 適正な株価を申し上げるのは控えさせていただきます。ただし思いは強いです。早く満足いただけるようにしたい。

 長期的な計画はある。ただし事業スパンが3年程度なので常に見直し、修正をしている。目安は(来期営業利益予想の)15億を早期に40億までに。それが上限ではなくさらに上を目指す。


Q12.出席番号229番の方

 「株価が100分の1になってしまいました。責任を感じてほしい」
 「本当に経営責任を感じているのか」
 「売上を落としている。どう考えているのか」
 「決意表明をしろ!」

 これまでの海外展開は良い結果が出ていないように感じる。スマートフォン事業も不安だ。人材の確保はできているのか?有能な人材を集められるのか?即戦力の確保などどう考えている?

A12.落合善美代表取締役社長

 責任は痛感している。しかし私は誰にも負けないくらいインデックスを愛しています。身を削って、お許しもらえる限りは頑張り、向上、結果を出したい。

 インデックスは良いポジションにいると思っている。ゲーム、それに類するジャンルに可能性がある。新たなゲームカテゴリ(ソーシャルゲームなど)のゲームを作る・ネットビジネスの人材要で、技術者の確保が難しいのは事実であるが、これまでのネットビジネスの経験、アトラス社の力2つの融合があり、人材がいるのも事実。
 また、外国人スタッフの獲得にも注力したい。


Q13.出席番号201番の方

 貸倒引当金の192億は何ですか?

A13.村上常務取締役

 「資料の精査をしますお待ちを…」となり、Q15の後に回答となりました。

 売掛・貸付金の回収可能性を判断してのもの。会社ごと(70社ほど)に判断しており、内訳は言えないが、売掛債権が12~13%、貸付債権が87~88%である。過去3~5年で8割以上が…で回収可能性が低くなったと判断した。


Q14.出席番号335番の方

 (あまりに長く何を言っているのかよく分かりませんでした…)

 ゲーム事業(課金事業)と海外のチャッチドットコムはどうなっているのか?

A14.落合善美代表取締役社長

 ソーシャルゲームについてはエンジンの開発に努めた。国内で複数ゲームを発表し、グリーと連携してGANTZ(ヤングジャンプで連載中の人気漫画)をソーシャルゲームとして配信した。また、アトラス社のゲームのソーシャルゲーム化のオファーもきており、大きな手応えを感じている。利益をキッチリあげていきたい。

 チャッチドットコムの数値目標については、売上が3億だったが営業利益は±0である。有料課金が想定より低かった。広告収益に力を入れていきたい。


Q15.出席番号113番の方

 「このままでは経営責任を取るしかない」

 「頑張ります」

 「辞めた人が会長に残るとはどういうことか!」
 「総会とは別に、長期計画を出してほしい」
 「監査もしっかりやるように」

A15.落合正美代表取締役会長

 (長い返答ゆえ覚えている範囲で載せます)

 「口だけではなく、責任を感じている」
 「恥ずかしい数字を結果として出していますので」
 「地位に固執しているわけではない」
 「若い社員で再起を図る体制は間違いなくできている」
 「もう1年やらせていただきたい」


Q16.出席番号202番(若い方でした)
A16.落合善美代表取締役社長

 「(議長は)時間がないないいうけど、長々と説明しているからだ。簡潔にしてほしい」

 「申し訳ありません」

 「テーブルのカード(役員の名前のプレート)、字が小さくて読めない。大きくしてほしい」

 「申し訳ありません」

 「役員のテーブルには水があるのに株主出席者にはない(場内笑)」

 「終了後に飲料はお渡ししますので」

 「あとお土産はありますか?(場内失笑)」

 「ささやかですがご用意しております」

 「役員に女性が1人しかいないが増やすつもりはあるのか」

 「もちろんです」

 「(株価については)上がるということでよろしいですね」
 「上がらないときは責任をとって…」

 「辞めることが責任を取ることとは…」

 「結果を出せなかったら、どのように責任を取るのか?」

 「(回答せず)結果を出すことで…」

 議決に入ろうとしたところで202番の方が手を挙げこの展開となりました…。


Q17.出席番号157番の方

 貸借対照表についてですが、「ぶっちゃけ」ですよ…投資その他の資産は本当に価値があるの?ごまかしているのでは?

A17.村上常務取締役

 減損判定はきちんとしている。上場価値を勘案し、会計上の評価として問題ないと考えている。一気に現金化する場合は毀損が発生すると思うが、経済合理性を考えて最高のタイミングで現金化したい。


 以上17問で質疑応答が終わり、議案はすべて可決されて終了となりました(終了は12:00)。株主総会の質疑応答は何を言いたいのか良く分からない、自己満足に終始する質問者が少なくないですが、ここは質問者が非常に穏やかで、建設的に話を進める方の多かったのが印象に残りました。大損されている方も多いだろうに…。
 また、「責任」というキーワードの出てくる質問がいくつかありましたが、お詫びの言葉はアッサリしたもので、責任を取るところについては明言せず、会長と社長の回答には誠意が感じられませんでした…何があってもやめないというのは伝わって来ましたが…。
 (回答のあとに前段にいる社員であろう人が拍手するのだが弱々しかった…)

 事業内容の説明も、いろいろありましたが、収益につながるかは…ハッタリでも具体的な売上高、利益目標をキチンと言うところが多いのですが、それすらなく質問で突っ込みを入れても…
 正直、魅力を感じませんでした。
(ジャスダックでは今年もう一つ株主総会を見てきましたが(4347)、買うなら断然そっちの方です…)

 最後にお土産ですが…

20111129_5.jpg
 伊藤園のパックのお茶とペルソナ4の手帳?
 11/30訂正 カードケースのようです…

 経営状況が経営状況ですから。最終的な出席者は200名を少し超えていたでしょうか…うち女性は5%程度で若い方もそのくらい…残りは背広と大ベテラン半々の感じでした。


 以上株主総会レポートでした。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ブロードメディア株式会社(4347)の株主総会に行ってきた(2011/06/21) [一般]

※不勉強ゆえ誤った表現等あるかもしれません…記述がすべて正しいとはとても責任取れませんのでよろしくお願いします

20110621_04.jpg
 青山ダイヤモンドホール。東京メトロ表参道駅B5出口直結

 ブロードメディア株式会社(4347)の株主総会に行ってきました。あまりなじみのない企業かもしれません…。

20110621_01.jpg

 JASDAQ銘柄ゆえ出席者数が少ない可能性十分でしたが、開始10分前の9:50に議決権行使書を受付に提示すると渡された出席番号は18番…こんなものですね。
 会場に入ると係員に中央左側の席を案内され…総会開始時の出席者数は目視確認したところ22名でした(最終的には30人弱と思います)。出席者の平均年齢は低く、若い女性が案外といました。

 2分前に司会のアナウンスが始まり…万が一の起きた場合の対処、避難方法についての説明のあるのが例年とは違います。

20110621_03.png
 招集通知と一緒にこういうのも渡されました

 定刻通り10:00に総会が始まり、議長(橋本太郎代表取締役社長)が進めるのですが、ここでも震災の被害に遭われた方への言葉や、総会中万が一の起こった場合に議案優先の進行になることの説明等がまずあります。次に例によっての株主数、議決権の数に問題のないこと、監査からの説明があり、事業報告へと入って行くのであります。
 スライドによる説明が10:07分頃から始まりました。各セグメントの売上等の報告の前に…

 「コンテンツサービスの持続的な成長を…」
 「そのためにT's TV、デジタルシネマサービスに…」

 このあたりに力を入れていくことが伝わってきます。T's TVはテレビ向け動画配信サービス、デジタルシネマサービスは映画配給をCDN(最適化されたネットワークでインターネット配信すること)で提供することです。

 そして招集通知の内容をなぞって行く感じの説明です。あまり書くことありませんが、この会社がどのような事業を行っているか箇条書きで記すとします。

コンテンツ
・テレビ向け動画配信サービス「T's TV」
・PC向け動画配信サービス「クラビット・アリーナ」
・CS放送会員サービス「Club iT」
・モバイルサービス
 「ハリウッドチャンネル」
 「速報!ハリウッド★スクープ」
 「海外ドラマ★DX」など
・教育サービス「ルネサンス高等学校」
(この売上が結構大きいらしいです)
・その他サービス
 「ナショナル ジオグラフィック」
(自然科学。もう少しでWEBだけで黒字化できる、最初からこれを搭載したいメーカもあるとおっしゃっていたような…)
 「みんなのフィットネス」

放送
・釣り専門チャンネル「釣りビジョン」
(2012年3月よりBSデジタル放送にて開始予定)

スタジオ
・製作事業
・番組販売事業
・映画配給事業

技術
・CDNサービス
・デジタルシネマサービス

ネットワーク営業
・ISPサービス販売
・携帯電話サービスの取扱い
・ブロードバンド回線販売 など
(このセグメントでの営業利益が大幅にアップした)


 10:24にスライドが終了しました。
 そして質疑応答…

 どこからも手の挙がらないまま終了…議案についての質疑といっても配当と取締役選任の件なので特に聞くことがない…「保有株ゼロの取締役ってどうなの?」というツッコミを入れる手はあるのですが。
 事業についての質問は、

20110621_02.png

 総会後に行われる経営近況報告会で受け付けるそうなので、そこで出るのかもしれません。議案については問題なく可決され株主総会としては28分で終了したのでした…。


 10分程度の休憩ののち経営近況報告会が開始、社長のみが再登場し「これからのブロードメディア」について1時間ほど熱弁が振るわれました。

 「当社の売上139億はコンテンツ事業者としては小さくないが…」
 「1,000億に届かない企業は独自性が大事である」
 「独自性を伸ばすことが未来につながる」

 として、「T's TV クラウド」「デジタルシネマサービス」事業においての技術的な説明と今後の展開について話されました。


「T's TV クラウド」
・Gクラスタという配信技術により「信号送信→サーバ→処理」のタイムを極限まで小さくし画面遷移がカクカクしないようチューンアップされている
・今後はVOD(レンタルビデオ)だけでなくフィットネス、ゲーム、Eコマースにも活用

 とし、実際にタブレット端末や仏SFR社のSTB(セットトップボックス)をつなげたデジタルテレビでタワーブロックスという高いタワーを作るゲームの実演が行われました。実演は2人によるプレイで2画面でしたがマルチプレーは4人まで可能で画面4分割までされるそうです。
(デジタルテレビではバッファの関係でスムーズな画面遷移ができないためSTBが必要)

 また、スマートフォンから入力した結果をデジタルテレビで受け取る(すなわち、スマートフォンで作品を選んで再生早送り巻き戻し…リモコン代わりにデジタルテレビで映像を見る)使い方もある…等様々な活用の仕方の説明をされていました。ネット接続対応デジタルテレビの普及は2013年に1,400万台に達する予測はあるのですが、これを購入される主な層である上の世代の方が非常に保守的であるジレンマがあり、T's TVのスマートフォンによる利用を…という感じでした。スマートフォンの普及は2012年に2,000万台に迫る予測があるそうです。

(独自性という観点では「T's TV クラウド」であればコンテンツサービス(レンタルビデオ)+Gクラスタ(配信技術)」の両方を持っていることがそうであると)


「デジタルシネマサービス」
・これまでの映画配給は「35mmフィルム(1本15万~20万円)」、「保管サーバ→HDD量産→梱包→配送→映画館」であったが、「配信センタにアップロード→映画館の受信サーバ」の手順で大幅なコスト削減がなされる。
・しかし映画館にデジタル対応の機材が必要
・VPF(Vir- tual Print Fee)により、配給側での削減費用を映画館の設備導入に充て、映画館が3割負担で導入できるようにした

 他社のVPFが入ってもブロードメディアでの配信が可能だそうです。映画については2~3年でデジタル化が完了するであろうから、どれだけの配給を獲得できるかだとおっしゃっていました。

(独自性という観点では「デジタルシネマサービス」であればコンテンツサービス(映画)+CDN(配信サービス技術)の両方を持っており、またCDN+VPFもそうであると)

 これらのサービスの普及を担う営業を強化し…まだまだこれからだが全体の浮揚を図りたいとのことでした。

 しかしいろいろな技術があるものですね…6月1日より開始した「(CMS付き動画配信)ブロードメディア CDN Media Suite」の説明もありましたが、アップロードする動画をサーバ上で自動エンコードし利用者に合ったファイル形式で提供できるそうで。


 こんな感じの経営近況報告会でした。私も事前に少し予習し、また説明も分かりやすくしていただけたのですが、パッとは理解できない用語が多くすべてを理解することはできませんでした…話されたことをすべて書くことはとてもできず、要約もできているとはとても思えませんが、こんな感じでしたということで…。

 最後に質疑応答についてですが…

 「以上で経営近況報告会を終わります。」
 「パチパチパチ…」

 スタスタスタ…あらら何もないまま終わってしまい…11:40のことでした。


 最後にお土産です。株主総会終了後に出席票と引き換えにいただける説明があり…

20110621_06.jpg
 「デイブレイカー」のDVD
 「モンガに散る」「完全なる報復」のパンフレット
 「この愛のために撃て」全国共通特別鑑賞券2枚
 「ジョエル・ロブション」の焼き菓子(アソートメント)

 定価で単純計算すると10,000円相当…権利日3/28のブロードメディアの株価が101円…100株からなので最低で10,100円ですから、何ともお得なお土産でした。


 以上、ブロードメディア株式会社の第15回定時株主総会についてのレポートでした。事業についての具体的な説明があって勉強になりますし、行ってみる価値のある株主総会だと思いますよ。

 それでは失礼いたします…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

株式会社伊藤園(2593)の株主総会に行ってきた…(2010/07/27) [一般]

20100727_3.jpg
 グランドプリンスホテル新高輪

 今日は株式会社伊藤園(2593)の株主総会に出席しました。食料品(飲料)を扱っている会社ということで株主の層も少し違い、女性が結構いるのと、カジュアルな服装の方が多かったです。昨年に続いてここの総会は2回目。
 会場は昨年に続きグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール3階 崑崙 で行われました。伊藤園の株主総会の良いところは、国際館に着くとおしぼりがいただけるところです。品川駅からだと5分強歩くのでひと汗かく感じになりますが、これで気分も落ち着くというもの。
 また会場には休憩所があって、そこで1人2本まで飲み物をもらうことができます‥昨年はペットボトル中心でしたが今年は…

20100727_1.jpg

 紙パックものが並んでいました(ランクダウン?)。昨年は総会終了後に寄っても飲み物が残っていましたが今年は早々になくなっていたようで…利益の数字では業績回復の傾向はあっても、ところどころで不況だなあと感じます。

 9:30に会場に入りましたが、まだ入場者は200人程度という感じで…最終的には千数百人くらいだったかなあ(かなりいいかげんです)。

 定刻通り10:00に総会が始まりました…注目は誰が議長のところに立つかですが、昨年までの会長(名物の方)ではなく社長(本庄大介)でした。
 議決権の数、監査報告、スライド+ナレーションによる事業報告と淡々と進んでいきます。基本的には招集通知に書いてあることをなぞっているのですが、スライド終了後に議長が「北米事業は2001年5月に始めたが9期目にして初の黒字を出した。現在も20%の増収で成長期に入った」と力強く付け加えていました。

 10:32より質疑応答が始まりました。昨年は結構良い雰囲気で行われていた印象でしたが今年はチョット違いました…1人2問までで議長の「ニッポンゴで話してください」のお約束(のようです)も出て場内ややウケ。

(今回の総会ですが、質問をするというよりその過程で言いたいことを言っているだけというか…何をいいたいのかイマイチ分からないのが多かった…。
 なるべく分かりやすく書きたいのですが、どうしても分からないことはそのまま載せていますので、そんなんだったんだと解釈していただければと思います…。また、メモと記憶から書いているので全てが正しいとは限らないことをご了承ください。)


Q1.出席番号209の方
中長期的計画で売上5,000億を掲げたが、何年後の達成を目指しているかと、どのようにするのかのビジョンを教えて欲しい。

A1.取締役副社長渡辺氏
5年前に、2012年に売上5,000億を掲げたが、デフレの状況もあり見直そうとしているところ。当年度中に、国際会計基準も考慮して見直しを考えている。また、現在業界3位だが、1,2位を目指していきたい。


Q2.出席番号209の方
取締役21名の方の名前が出てないので誰が誰だかわからない。プレートくらい置けないのか。

A2.取締役社長本庄大介氏
申し訳ございません。決議終了後に1人1人挨拶いたします。


Q3.出席番号119の方
事業報告がお粗末!危機感が欠如している!アメリカだけしか考えていない!
中国・ヨーロッパ・東南アジアはどうなの!

A3.渡辺氏
海外展開についてどうするかという質問ですね。現在中国に2社、アメリカに3社あるが、アメリカが黒字になるまで他に展開しないことを基本方針とはっきり決めていた。アメリカが9期目で黒字を達成したことで、今後どうするか検討中である。

出席番号119の方「そんなんじゃ遅いんだよ!」
以降、この方はたびたびヤジを飛ばします…。


Q4.出席番号119の方
42~44期(平成18~20年度)まで1株当たりの利益が下がっている。43期はなぜこんなに下がったのか。45期は努力で上がったというがこれは自然では。

A4.渡辺氏
44期は売上が低迷。原価は上がるが消費価格が低下してのものだった。教訓として、売上・利益率をいかにあげるか追求する。

 質問者の方がかなりうるさい方で、テキトーにさばいたという感じでした…。


Q5.出席番号637の方
対処すべき課題(招集通知に載っている)に書いてある研究開発について。カテキンは製品化して初めて意味をなすが(「製品化しないんじゃ意味がないんだよ!」)、商品化についてどのように考えているのか。


A5.専務取締役社氏
例えば2007年にカテキンを活用した「おーいお茶濃い味」を出している。カテキンについての研究は一番早かったが、PR不足なので、この点強化する。


Q6.出席番号637の方
業務監査について。組織が大きくなると硬直化して馴れ合いが生じるものだが、棚卸資産、不良在庫について、どのような時期、間隔、人がやっているのか。

A6.渡辺氏
監査については年2回横断的に行っている。管理セクション、部署から応援と外部監査により204箇所のうち40箇所について抜き打ちで行っている。全拠点の内部監査は年に1回行っている。
不良在庫については昨年5億落としている。


Q7.出席番号111の方
売上だが横ばいかやや弱い状態が続いている。経常利益についてだが原材料高騰は見込めていたもので(15年前の本を例にとって説明してました…)このようなこと(株価も…)について研究する部署を作る必要があるのでは?
 「反省は必要ない。先を考えろ!」
 「無駄な金を使っているのでは」
 「支出の仕分けをする必要があるのでは」

A7.取締役副社長橋本氏
 (「支出の仕分けをする部署を作る予定があるのか」という質問に回答する形で)原料で多いのは緑茶で、日本の生産量は28%ある。このコスト切り下げ、品質アップを図るため当社は農業技術部を作った。第1次産業から第3次産業まで取り組んで原価を市場価格の半分にもっていく。
 先のことは本当に分からないが、同一産地にこだわらないことも重要だ。
 また、原油の価格も今後どうなるか分からないが、ペットボトルの重量を下げることはコスト削減につながる。現在は26→19gに軽量化にしたものを一部市場に出しているがこれを全国的にやりたい。スケールメリットを追求したい。


Q8.出席番号111の方
宣伝の仕方が下手。例えばカゴメは吉永小百合さんを使うなど清潔感がある(場内ややウケ)。綺麗な人を採用しろ!(散発的な拍手あり…)

A8.社氏
 「伊藤園は宣伝がうまい」と言われるまで努力する。タレントの人気度を考え、誰にするかを考える。また、経費の圧縮についても努力する。

 質問が長かったので、「長過ぎるぞ!」のヤジも飛んでいました…。
 議長は質問の内容を一度話してから回答者にふるのですが、カゴメはAKB48も使っていると付け加えていました…。


Q9.出席番号2192の方(女性)
コンプライアンスについて(両国駅から伊藤園の紙袋を下げた人たちが一斉に来たとかいろいろ話してましたが要はコンプライアンス…)。

A9.取締役副会長荻田氏
企業倫理の確立・向上が大切。コンプライアンスは経営の根幹にかかわることと認識ている。コンプライアンス委員会を設立し全社員の意識向上、行動基準の意識を徹底する。また、お客様相談室を設置している。

 また、出席番号2192の方は意見として…優待品を伊藤園が当日中に届けろとゆうパックに言っていたからゆうパックの人が困っていたし、夜遅くになっても届けてきたので参った…過ぎたるは及ばざるがごとしだとおっしゃっていました…。


Q10.出席番号17の方
(スーパーにその商品がないというと、それが置かれるようになることをまず言って…)
 カゴメは商品の説明会をよくしているが、女性の方を呼んで商品の説明会をしたらいいのでは?
 休憩所に知らない飲料があったが、もっと販売促進を考えたらいいのでは?

A10.取締役副社長江島氏
商品の理解をしていただくべく、(店の採用前に)試飲販売をしている。どこでも買っていただけるよう努力したい。


Q11.出席番号1801の方
烏龍茶は(ラベルが変わったのではないかと実物を見せつつ…)業界1位でなくても良いと思うが、緑茶は1位でなければならない。トクホでカテキンがあるが、カテキン緑茶の売れ行きは?

(それまでの質問者の話が長かったので簡潔にといいつつ…この人の話も長く、よく分からなかった…)

A11.社氏
ラベルについては1981年に算入して30年目ということで変更している。来年は30周年。烏龍茶は力を抜いておらず前期は26%のアップだった。
売上は20億で微減しているが、カテキン緑茶は悪玉コレステロールの低下に有効で、体脂肪低減にも効果があるので、商品価値を高めていきたい。


Q12.出席番号1201の方(女性)
伊藤園は広告が弱いと思う。5/13に1時間番組で「おーいお茶」と「京都のお茶」のがやっていたが、効果があったのかどうか、資料の提示はしたのか?

質問者の方、「皆さんご存じですか?」ともおっしゃっていました。場内苦笑いするしかない感じでしたが、議長が質問の内容をいうときに「ルビコンの決断(テレ東系)」と出て一件落着…なんだけどそれでも質問の意図が…。


A12.社氏
緑茶の戦争をいかに勝ち抜いたかというものだったが、丸2日取材を会長とともに受けた。資料の提示等はしていない。


Q13.出席番号1201の方
役員たちの中で1億円以上取っている方はいないの?

 この展開に場内バカ受け…。

A13.渡辺氏
1名だけいる。会長が1.28億で明日開示する。
また、役員報酬については、退職慰労金を平成14年に廃止、ストックオプション(業績連動報酬)は平成19年に中断している。
(会長は「すいませんね~」て感じでペコペコしているのが面白かったです)

Q14.出席番号588の方(女性)
いつも商品が置いてない(売り切れ)。
営業中の人のガラが悪い!コカコーラの人は親切。品をよくしろ~。

 体験談をこめての話で長くなってきたところ議長が「ちなみになかったのは何の商品ですか」と質問するも「具体的な商品名は分からない」で…。

A14.江島氏
不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。営業の徹底教育・指導、欠品の防止に努める。


 社長からもお詫びの言葉がありましたが、これに対して別の方からヤジが飛んで…最初の質問から言いたい放題という感じのものが多かったので、そういう雰囲気になってしまった印象でした。
 業種的に株主に凄く気を遣っていると思いますが、こういうのを見るとみずほFGの総会のように途中で話の骨を折りにかかったり、誠意のない回答をしたり…という展開に持って行くのも…と感じてしまいます。
 聞いていてあまり気分が良くない…ということが少なくなかったです。


Q15.出席番号588の方(女性)
役員に女性がいない!

A15.本庄八郎会長
男女の区別、国籍、年齢に関係なく登用する前提で行っている。女性の登用についてだが、残念ながら本体にはいない。ただ間もなく入る。
関連企業の社長は女性で、アメリカのメイソンビタミン(Mason Vitamins ,Inc)の社長は女性です。また商品開発には若い・中年の女性が多数活躍している。


Q16.出席番号37の方
麦茶のペットボトルは一般的には500mlだがコンビニに600mlのがあって得した気分になった。しかしスーパーにはなく聞いてみるとコンビニにしか入らないらしい。
商品がどこにも出回ることを消費者は望んでいるのでは?

(久しぶりに良い感じの質問が来たような…難し過ぎずで)

A16.取締役副社長本庄周介氏
もともと600mlペットボトルはコンビニからの提案商品でした。少し高く売っているのに容量を合わせたチャネル商品です。スーパーとの商談も行っているが、卸値が高く現状採用されていない。今後検討します。


Q17.出席番号1473の方
(「カテキン緑茶・青汁飲んでいます。頑張ってください」とまず場内をウケさせてから…)
個別より連結の方が純利益だけ悪化している。原因は税金だと思うが具体的に説明して欲しい。

A17.渡辺氏
タリーズコーヒーの買収によるのれん償却が8.92億あるため、利益に影響している。これは日本の会計基準ためで、国際会計基準だと違ってくる。


Q18.出席番号1473の方
前期末だが売掛金だけが大きくなっている。キャッシュフローが悪化しているが売上形態が変わったのか?

A18.渡辺氏
売掛債権の流動化(売却する金額)を抑えているため。与信の状況を見て変化させる。

(会計のことほとんど分からない人なので、メモしたものをそのまま書いています。違ったらゴメンナサイ…)


Q19.出席番号1105の方
商品「水素水」は最近見かけないがどうなったのか?

A19.専務取締役下田氏
水素水については通販、一般ルートで販売していたが、マニアックな商品だったためか売上が伸びず、一般ルートでの販売はやめた。通販は行っているのでよろしくお願いします。


Q20.出席番号1518の方
茶葉の状況(売上)を教えて欲しい。また、「Tea.Pi.O.(ティピオ)」という店が好きだが、この状況はどうなっているのか?

A20.下田氏
茶葉の売上は-2.7%の状態で苦戦している。「Tea.Pi.O.」についてはおかげさまで伸びている。お客様のいろいろな要望に応えていきたいが、その点から茶葉よりティーバッグに力を入れていく。


Q21.出席番号記録してませんでした…
(質問の前に)今年は硬い株主総会になってしまっていることを述べると、

 議長「大変緊張しております…」

優待について。茶葉についても考えて欲しい。個人株主のことをもう少し考えたものに。

A21.渡辺氏
優待についてはドリンクの詰め合わせと、通販の割引をしている。また今日のお土産として、タリーズのコーヒー豆と、TEAS' TEA(ティーズティー)のティーバッグを用意した。


Q22.出席番号616の方
筆頭株主は普通信託銀行などだと思うが、ここの筆頭株主であるグリーンコアについて教えて欲しい。所在地、資本金、業種など。

A22.渡辺氏
グリーンコアですが所在地は新宿…いや渋谷区にあります。資本金は…チョット忘れてしまいましたが数億円です。業種は不動産(賃貸)です。


Q23.出席番号616の方
大株主に優先株の多いところがある。議決権がないのに普通株と優先株の合計で大株主を並べるのはなぜか。

A23.渡辺氏
優先株は日本で初めてのものであるが、最低でも15円の配当を出さなければならないことになっている。ただし2年連続で出せないとき議決権が復活することになっており、法律上大株主として載せなければならないこととなっている。


Q24.出席番号1638の方(女性)
TEAS' TEA(ティーズティー)は20~40代の戦略に力を入れていると思うが、高齢者向けの商品開発、PRについてどう展開していくのか教えて欲しい。

A24.社氏
研究については鋭意行っている。課題は多種多様あるが現状まだいえない。若い人・高齢者向けなどターゲットをいろいろ考えていきたい。
消費動向についてチェックしているが、緑茶・野菜飲料については高齢者に強い。野菜飲料のケース販売(持てる大きさとおっしゃっていたので紙パックの24本販売とかでしょうか?)が売れていることが分かっている。


Q25.出席番号1856の方
(国内、海外の売上、利益構成比を昨年聞いたが)米国で黒字になったということで次の目標を教えて欲しい。

A25.渡辺氏
前の方の回答で売上5,000億についてもう1度定める話をしたが、海外で10%の比率を確保することが必要で、現状はそれができていない。5年スパンとしてどこまでできるか検討中であるが、2010年度末までに開示できるところまでやりたい。

 「渡辺君スピードが遅い!」のヤジが…

 そこに会長の補足。

他社が中国に行く中、我々は米国に行った。中国には今福建(工場)、浙江(畑)、広東とあるが、中国の強化とASEANの強化に力を入れていきたい。ちょうどいい時期であり、交渉中である。
アジアの次はヨーロッパ、「しっかりした」足取りでいく。


 会長の話が終わったところで拍手喝采。時間もちょうど12時に近づいており…質問したいと騒いでいる株主の声かき消され、議決に入っていくのでした(会長の存在感は、圧倒的です…)。
 当然の可決で「配当」「取締役の選任」が進み、最後に各役員の紹介、挨拶で終了でした。
(ここの株主総会は取締役の方が終了後そそくさと帰らないので、話をすることもできます。)

 最後にお土産をもらいに…

20100727_0.jpg

20100727_2.jpg

 「引換券」とともにいただいたのは上の回答にありましたがコーヒー豆とTEAS' TEAのティーバッグでした。昨年はコーヒー豆とプレミアムティーバッグにウコンとかのサンプルが2つあったのですが、サンプル分なくなった感じですね…。

(ちなみに、伊藤園の株主総会ですが、撮影禁止の文字はないですし、そのアナウンスもされません。カメラを構えている方もいらっしゃいました)

 今年は株主総会を3社ほど見に行きました(8411みずほFG、9652日本医療事務センター、2593伊藤園)。来年も予定を合わせられるならいくつか行きたいですが、他のところも覗いてみたいところです。

 長々とレポートしました…誤字脱字ご勘弁ください。
 それでは失礼いたします…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本医療事務センター(9652)の株主総会に行って来た…(2010/06/25) [一般]

 ※素人がメモして来たものなので話の内容については不備があるかもしれません。その点ご容赦ください。

20100625_0.jpg

20100625_1.jpg
 上野精養軒本店3F桜の間が会場でした…

 今日は日本医療事務センター(9652)の株主総会に行ってきました。東証2部であり、一般の方にはなじみのない企業だと思いますが、医療事務受託関連、教育(医療、福祉、ホームヘルパー)、福祉事業を行っています。

(なぜこの株を持っているかというと…PBRが0.50倍程度、PERも6倍程度ということでかなりの割安なのです。最近の株価は360円前後をさまよっていますが、配当は年間12円あり利回りも申し分なく…長期保有にはおススメの銘柄です。)

 9:35頃と開始の25分前に到着…心配なのは出席者数でしたが、会場内にいた方は15人程度でした。本当の意味での個人株主はほとんどいなさそう…。
 テーブルは3人掛けのものが34用意してありました。多くて100人を想定していたようですが、実際総会開始時点の出席者は52名でした。

 定刻通りに総会が始まりました。あまり総会自体に出たことがないので分からないのですが、ここは議長(荒井社長)のあいさつが一区切り付くと拍手が入り、以降ことあるタイミングで拍手が入っていました。

 事業報告ですが、招集通知を読みながらの決算・監査等の報告が終わった後、映像を用いながら議長が説明する形で、行っている事業について詳しく説明しているのが印象に残りました。

 「事業は医療事務受託関連、教育、福祉ですが売上高の割合としては87%、3.7%、8.9%」
 「医療事務関連とは、受付、会計、レセプト、病棟クラーク、DPC(診断群分類)…」
 「教育は医療事務講座、ホームヘルパー養成講座…」
 「福祉は訪問介護、通所介護、ケアプラン作成…きらめいとが34箇所、いきいき工房が25箇所…」

 何となく分かった程度でしたが、株主に事業内容を理解させようというのが感じられました。この説明が10分ほどあり、その後に「対処すべき課題」として何があるかの説明があり…

 「医療事務受託に関しては、顧客との信頼関係を重視し、病院と一体になりニーズに適したサービスを提供する」
 「教育については、福祉環境の変化に応じて効率的に…安定的な利益確保」
 「福祉については新規事業所の拡大を図る。対象外サービスの推進」

 招集通知に書いてあることですが、実際に言葉にしていただくと何となく分かったような気になります…。
 あと、「知名度を上げたい」と言っていました…。

 その後質疑・応答に入りました。私のレベルが低過ぎて…聞きとるだけで精一杯で意味分かってません…。

Q1 出席番号151の方
 福祉事業の戦略を詳しく教えて欲しい。

A1 回答者:佐藤取締役
 2期連続の黒字化を達成したので成長戦略。首都圏、関西、中部に集中して地域密着サービスを展開していく。
 介護・保育施設が今103あるが、これを介護215、保育18の計233まで拡大する。
 住居サービスについては13、1000床の拡大を目指す。
 売上高として52→100億、利益として2.5→10億を。


Q2 出席番号117の方
 自己株式が200万株ほどあるが消却等の予定は?

A2 回答者:渡邉取締役
 消却の予定はない。慎重に検討する。


Q3 出席番号121の方
 国際会計基準の対応に当たってのリスクについて

A3 回答者:広瀬取締役
 準備している。退職債務の問題…ディスクローズする問題がある…
 早めに引き当てる、保守的な率を出す…

(書いていてチンプンカンプンです…)


Q4 出席番号117の方
 キャッシュが70億ほどあるが戦略の方は?

A4 回答者:渡邉取締役
 調剤部門の売却によるものがある。福祉事業への投資を積み上げ、加速する。


 ほとんど手も上がらず、Q2の時点で議長が「せっかくの機会ですから…」という状態でした。
 その後全ての議案がどこかのメガバンとは違って満場一致で可決されました。40分ほどの総会でしたが…これだけではなく…

20100625_2.jpg

 日本医療事務センターの株主総会はお土産があり、クオカード1000円分、ミネラルウォーター、希望者にバッグがもらえました(入場、入室時)…

 総会終了後に懇親会がありました。今回が初めてだったのですが、これも株主に事業内容を理解いただく機会ということで設けたそうです。
 飲み物はオレンジジュースに烏龍茶、食べ物はサンドイッチとケーキ類、最後にアイスクリームでしたが、出席した株主が少ないですから役員の方とずっと話をするような格好でした。どんな話をしたかというと…。

 みずほFGの増資の噂の話をしました(笑)。
 家に帰ったら…「やっぱり」でしたねえ…。

 冗談はさておいて(話をしたのは本当ですが)、各事業の戦略について細かく教えていただきました。医療事務は売上を伸ばすのは厳しい状態で、そういう意味で福祉事業に力を入れているという感じで…。
 具体的にはあまり書けませんが、どんなことを聞いてもしっかり答えていただけました。30分程度の時間だったと思いますが、総会と合わせて事業内容をかなり理解できました。

 先日の某メガバンは総会終了後気分悪かったですが、ここは「株価上がらなくても長期保有で良いかな」と思いました。
(実はインターネットイニシアティブ(IIJ、3774)の総会も同時刻にあり、これに行くこともできたのですが、こちらは出席者30名程度のシャンシャン総会だったそうで、正解を選んで良かった…。こっちの方がずっと収支としては儲かっていますが。)

 ほとんど需要はないと思いますが、こんな感じの総会の流れでしたので記録として残しておきます。
 それでは失礼いたします…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

株式会社みずほFG(8411)第8期定時株主総会に行って来た…(2010/06/22) [一般]

 ※株主からの質問全てに対して私がメモできた範囲で掲載しています…どーでも良い言葉だけの部分は削ってます。

20100622_4.jpg
ボケててすいません…

 はい、東京国際フォーラムA会場です。今日は10時からみずほFG(8411)の株主総会が行われるので見に行った次第。ちなみにここの総会を見るのは昨年に続き2回目です。
 今日は9:15に会場に入り中央前方の席を確保しました…ただこれは失敗。ちょうど声出し担当の列がいるところだったようで…少し外したところで見た方が良いですね。
(昨年邪魔だと株主に怒られた議長横の花は、小さくなっていました…)
 ちなみに9:35には前方の席は埋まり、9:55には中央の席も埋まっていました…みずほFGは株主数も相当多いですが、ほとんどが含み損でしょうから怒っている方ばかりのはずです。

 かくいう私も300kはヤラレました…権利日を境に徐々に損切って今は持っていないのですが、190円前後で処分して良かったと思う今の株価です…150円台って…。

 定刻通り10:00に総会が始まりました…議決権数の話の段階で既にヤジがチラホラ飛んでいます…いや9:35の時点で1人熱くなっていた方もおり…どうなるのでしょうか。
 株主総会ですが

1.事業の報告
2.議案の説明
3.質疑、審議
4.採決

 の流れで行われます。事業の報告はまず映像による説明、そして議長(塚本社長)の補足となります…「自己資本の充実が重要です…さまざまな対応を考え…勘案した結果…」
 来期は配当6円と。昨年が10円、今年が8円(予定)でしたが…増資するから配当が下がるんだろうという感じですね…。
 いつするんですかねえ…。
(塚本議長が話をする中…約1名役員の方が「落ち」ていたような気がしました…実際のところは分かりませんが)

 10:30になると議案(配当金、取締役・監査役の選任など)説明になり、議長の話が入るのですが、今年は株主提案も2件あり、提案された方の補足説明がありました。
 1つはMBOについてで、1株純資産(清算価値が明らかな場合は清算価値)を下回る場合や、過去複数年間の平均価格を下回る場合は、融資をしてはならないという条文を定款に加えるというものでした。
 非常に建設的な話の進め方で、株主が大損してしまうこと、裁判で訴えれば勝てるが莫大な費用、手間がかかることを分かりやすく説明されていました。拍手、大きかったです。
 もう1つは取締役及び監査役の報酬・賞与額について、一億円を上回るか否かにかかわらず個々の金額を開示すべきというものでした。


 議案の説明が終わって、いよいよ質疑・審議です。全部メモって来たので羅列しますが、不完全な部分があるかもしれないことをご了承ください…あくまでシロートのレポートです。
(株主の方の質問も…質問になっていなかったりします…)

 質問は1人2つまででした。

Q1.出席番号4608の方
 普通株増資のタイミング、時期が遅れたのでは?そうなった合理的理由を教えて。

A 回答者:中野常務
 安定的な自己資本・株主還元…H20年下期よりなんたらかんたら…答えになっていない話で終了。

 すかさず塚本社長が補足して…
 規制の強化との対比で考えます。バーゼル2は現状満たしてます。バーゼル3は内容・水準が具体的に決まっていません。年内に状況をみて決まるそうですが、それは2012年末…2013年3月期に満たせばいいので、様子を見てタイミングを考える。

(質問と回答がかみ合ってない気もしますが…質問もそんな感じなので。この後某常務はずっとこんな感じの赤点回答を出しますが、すかさず社長がフォローの70点回答をすることで…役割が決まっているような気も…)


Q2.出席番号4608の方
 収益をあげるには、法人・個人への貸出をすることだと思うが、この点について具体的に教えて欲しい。

A 回答者:みずほ銀行西堀頭取
 収益を増やすには貸出が大切で、その方向で努力している。ただし現状横ばい、中小については需要が落ちており、ニーズの確認等融資前の対応に力を入れる。個人については少しだが伸びている。個人についても注力したい。住宅ローンは伸びている。
 西堀頭取はフランクな話しぶりでした。この問題でしか登場しなかったのが残念。


Q3.出席番号3712の方
 グループ戦略について。シナジーとして成果が出ていないのでは?見直しをする必要があるのでは?

A 回答者:安部常務
(コーポレートとリテールに分かれていることについて)客のニーズにどう応えるかを見ての体制。個人、中小、大企業のそれぞれの専門性をもってやると。国内ではめずらしいが、世界的には珍しくない。

 塚本社長が補足
 統合時からの発想だが、改善点があるのは事実。連携の問題については人員の交流を図る必要があり、管理・業務インフラについて1つにできればさらなる効率化を図ることができる。変革プログラム…

(これからたびたび「変革プログラム」という言葉が決めゼリフ的に出てきます。これは「お客様第一主義」を実践しつつ、新たな経営環境に迅速かつ的確に対応すべく、収益力、財務力、及び現場力の抜本的見直しを行い、その強化策をとりまとめたものです。)

 ちなみに、ツーバンク制についての質問は昨年も出ました…質問者の方も同じ場合が多いし、同じ質問の出ることも多いですね…今年の方が回答は良かったような。


Q4.出席番号3712の方
 グループの再編(合併した方が良いのがたくさんあるのでは)について。

A 回答者:安部常務
 (質問者の出した具体的なグループについてそれぞれの役割の違いを説明した上で)より特色のあることが大切。「それぞれの持ち味を出すことに何ら問題はない」

 不勉強な私は結構良い感じの回答に思いましたが、この後別の株主の方からツッコミを受けます。

Q5.出席番号2217の方
 兜町の噂に「総会が終わったら…をする」というのがある。
 増資をするのでは?あるのかないのか?
 「ないと言ってやったら、責任を取る覚悟はあるのか!」

A 回答者:中野常務
 5月に発行登録をしまして…具体的には未定。

 2217の方「何だ、未定というのは!」

 塚本社長がフォローを入れて終了…流しておしまい。


Q6. 出席番号532の方
 個人株主にとっては株価が大切。今週末に増資の話があるが本当か?配当を6円にすることの理由を教えて欲しい。

A 回答者:中野常務
 市場の状況を見て適切なタイミングで行う。

 塚本社長が配当の質問について
 利益予想アップの中での減配だが、規制の問題・市場の動向・経済状態もあり…資本の充実がまずは大事で、その中で配当を試算した。


Q7. 出席番号4805の方
 S県のK出張店で貸金庫を使おうとしたら閉まってしまい足が挟まった。(設定時間を1→5秒に直したらしいが)その時の対応が悪かった。子供がそうなったらどうするんだ!
(子供は金庫開けないだろうに…)

A 回答者:みずほ銀行岡部常務
 開閉時間のミスについて、心をこめてゴメンナサイしていました…。
 扉のチェックをすると。


Q8. 出席番号5033の方
 (質問の前に…内容証明郵便を社長に送ったという話をして…塚本社長がうなずくと…地銀では最初に指されるようにやってくれたぞとチクリ…場内ややウケ…)
 直近5年間の不良債権残高の推移を教えて欲しい。

A 回答者:齊藤常務
 H18年3月1.05兆から少し増えてH21年3月に1.38兆になったが、H22年3月は1.3兆円となっている。専門部署で集中的にあたって与信管理に努める。


Q9. 出席番号5033の方
 (メガバンの中で)株価最低、配当最低の理由と、株価対策について教えて欲しい。

A 回答者:塚本社長
 株価はいろいろな要因で決まる。社の状況や社会の状態もあるが、企業価値の向上に努める。増資の検討中で希薄化の懸念があり株価への悪影響も考えられるが、資本による成長機会でもあり、財務強化に努める。

 毎年恒例の質問ですね…。


Q10. 出席番号55番の方
 株主だけが犠牲を強いられている!役員報酬も減らせ!貰い過ぎだ!従業員も減らせ!

A 回答者:大西副社長
 (変革プログラムのキーワードを挙げつつ…)社長・頭取については報酬の30%カット、役員は10%カットする。

 ただし期間は3ヵ月です…。


Q11. 出席番号3695の方
(質問の前に…「正直な回答が少ないですよ」「綺麗事ばかり」。グループ編成の質問への回答に対し「役員ポスト確保のためじゃないか」…場内拍手)

 政策保有株式について、時価ベースで3兆あるのを1兆削減する予定だが、もっと減らせるのでは?

A 回答者:中野常務
 株保有リスクは大変大きいもの。削減については圧縮努力をする。昨年は2,500億の圧縮をし、変革プログラムとして2.6兆→1.6兆を目指す。資本との対比でいうと、7割から1年後に49%、3年後に20%前半を目指す。その後さらにどうするか検討する。


Q12. 出席番号3695の方
 何のための政策保有株式なのか?例えば、私が昨年某企業の株主総会で増配の提案をしたとき、大株主のみずほFGが反対それも委任状を出してのものでした。今年も同様の提案をしたのですが、今度は委任するのはやめたがみずほの行員がきて反対をしたと。
 配当を増配すればみずほも儲かるのに、会社側の提案に無条件に賛成して良いのか。
(その企業にみずほの某支店長が天下りしているらしい)

A 回答者:安部常務
 議案の内容等総合的に検討して…営業所単位でなく本部で…。

 この質問は昨年も出たのですが、回答も全く変わっていないような気が…。
 ルーチンワーク的な展開になっている気がしました…誠意が感じられないというか。


Q13. 出席番号2247の方
 株主提案の議案2件(廉価MBOへの融資禁止、取締・監査役の報酬開示)への反対について具体的説明を。取締・監査役の報酬の開示をしないことついて株主としての利益は損なわれていないというが損なわれているではないか。
 「都合の悪いことに反対するな!」

A 回答者:齊藤常務
 MBOについては、企業価値の向上等を考慮して…

 大西副社長が報酬についての回答をしました。
 法令に則って開示している。


 答えになってないっす…


Q14. 出席番号2013の方
 みずほのATMだけ手数料がかかるかどうかの表示が必ずでる。時間の無駄だ。どうしてそうなのか理由を教えて欲しい。

A 回答者:岡部常務
 引き出す際そうなるのは事実です。ただし、表示を出して欲しい意見があるのも事実です。


 こういう、どーでもいい系の質問がたまに入るのは…仕込みではないのでしょうがうまいタイミングで入るというか…。
 12:00を過ぎて…塚本社長が「あと2人で」の言葉。反対の声も飛ぶが罵声には至らない。


Q15. 出席番号4705の方
 今やっている増資は、金がないからの増資だ。お金(資本)の価値を大切にするのが企業の責任だ。
 (塚本社長が質問の真意を求めるも…こんな感じで)

A 回答者:中野常務
 普通株の増資は持続的成長の礎であり…


Q16. 出席番号4705の方
 役員の意見がそれぞれ違う。統制が取れていない。企業としての計画性・一貫制はどうなっているのか。

A 回答者:安部常務
 1人1人の意見はぶつけあうが…統制が取れていないことはない…


 すいません、この2問については私の方がメモる気なくしてました…。


Q17. 出席番号3697の方
 (G20での課徴金前払を例にとって)政府に提案すべき。郵政に対してももっと意見すべき。

A 回答者:安部常務
 意見は出している(全銀協として)


 そして最後の質問は…

Q18. 出席番号3697の方
 JAL問題について。JALに資金を出すのかどうか。JALの利益見通しについての考えを教えて欲しい。

A 回答者:齊藤常務
 企業再生支援機構の更生計画のできた時点で考える。


 回答の見えている質問なのが残念でしたが、質問者の方はJALの株主総会で質問すべく朝まで資料を集めていたら当日寝過したという話をして場内バカ受けでした…ある意味一番盛り上がった瞬間かも。

 2人質問が終わったので議長が裁決に移る言葉を出して…多少の怒号は飛びましたが第1号議案…と進んでいき…第3号までは賛成、株主提案の2つについては否決で終了しましたが、MBOの件についての第4号議案は賛成の拍手も大きかったです。


 全体的に、盛り上がりに欠けたというか…荒れたという感じはなかったです。メガバンの株主総会はこんなものなのかもしれませんが…回答になってない回答が多かった。
 増資の話については、やはりというか何も分かりませんでした。

 2年連続で見ましたが、もう来年はいいかなという今の気持ちです。

 あと…よく「みずほ お土産」でここにいらっしゃる方が多いので書いておきますが、みずほFGの株主総会でのお土産はありません。昨年はインフルエンザ流行でマスクを支給されましたが今年は…

20100622_6.jpg

 これだけでした。出席者は4,155人で過去最高だったそうです。
(銀行なので出席者は男性の方が多いのですが、女性の方もいて…セーラー服の人までいて「!!」と思ったら…以下自粛)

 こんな感じの株主総会でした。
 それでは失礼いたします…。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グダグダ日記-伊藤園(2593)の株主総会に行ってきた…(20090728) [一般]

20090728_1.jpg

 株主総会に行くのは6月のみずほFG(8411)に続いて2回目。今日は株式会社伊藤園(2593)の株主総会の日だ。
 ここはお土産もあるのでかなりの人が来ることが予想される。40分ほど早めに会場のグランドプリンスホテル新高輪に到着した。おしぼりをいただけて顔を拭けるのが嬉しい。
 休憩室も用意されており、1人2本まで飲料を受け取ることができる。といってももらえるところが3箇所あるので、品のない人はここで6本くらいは取りそうだ。

 会場の部屋に入るまでの社員の対応は、なかなかアットホームな雰囲気といった感じ。席に着いたときは100人程度だった参加者も、総会が始まる頃には会場がぎっしり埋まる状態となりました。ちなみに、総会が始まるまでは「おーいお茶の」コマーシャルが時系列で流れていました。

 総会ですが、例によって報告から始まります。スライドを用いてのものですが、商品名を紹介しつつ各報告をするので非常に分かりやすかったです。まあこれは商品にも馴染みがあるからですが。

 そして質疑応答ですが、21人の方が質問をしました。まあ、多くは自己満足だったり、何が言いたいのか良く分からなかったり、不勉強だったり…ですが、こんな感じに進みました。

 バッチリ正しくは書いていないので、あくまでも感じで…

Q1.(何を言いたいのか良く分からない…)社長が代わったが議長は代わってなかったのでホッとした。社長が代わったのなら抱負を述べて欲しい。あと、軽いペットボトルにすれば儲かるでしょうに…。
A1.社長の挨拶は最後にする予定だったと議長(前社長)が返答も、現社長を指名して抱負を述べることに。「全身全霊で頑張ります」
軽いペットボトルの件については担当の方が回答。質量を26gにしたが、これを23~19gに減らす方向にしている。ただ品質保持の問題があるので、これを考慮して。

Q2.報告のスライドで烏龍茶が紹介されていなかったし、店にもなかったけどどうなっている?あと、トクホ関連の商品に力を入れろ!
A2.議長は名物の方のようで、担当を指名して「店頭にないって言っているんだ!」と質問者を納得させるべく突っ込みを入れたりしていました。担当は努力すると回答。トクホ関連の商品については鋭意開発中で、近いうちに新商品ができると。「緑茶習慣」「カテキン緑茶」は既に出ています。

Q3.株主優待に入れて欲しいですが昨年も質問に出たタリーズの商品券は、どうなったの(会場失笑)?
A3.タリーズがないところもあるので…代わりにお土産にタリーズのコーヒー豆を入れておきました。

Q4.1株あたりの利益を見ると、将来が心配です。売上は伸びていないのに人を増やしすぎでは?
A4.大丈夫。5,6月期は計画を上回る数字が出ているし、7月の決算も期待以上のものになるはず。コストダウンしながら新商品開発をし、まずは国内強化。海外についてはまずアメリカに力を入れて。

Q5.単独と連結の純資産の差がほとんどない。債務超過?
A5.3年前のタリーズ買収のため。担当の方が回答後議長が「決して債務超過ではありません!」

Q6.優先株がコード5桁のため買えなかった。コードを4桁にできないの?
A6.大手だとコード5桁でも買えるが、一部のネット証券でまだ買えないところがあるようです。4桁にはできないので、5ケタでも買えるように各証券会社に働きかけています。

Q7.取締役の人数が多すぎるのでは?
A7.全国205拠点あるが、それを7ブロックに分けている。そこに分野別に取締役を置く必要があり多過ぎない。これでも減らした。人数を減らすのではなく、報酬を減らす方向にしている。

Q8.役員が代わり映えしない。外部から人を呼ぶ予定はないのか?
A8.「参考にしますが、やるかどうかは別の話です」と議長が即答。

 「やらないよ」ということですが、これだけきっぱり答えてくれると気持ち良いです。

Q9.中長期の目標が高過ぎるのでは?これだけ高いと買い増したくなるが大丈夫なのか?
A9.買い増しについては答えられない。中長期の目標(2012年)は達成する自信があると今は言える。自信がなくなったらおろす。

 自信がなくなったらおろすんですか…(笑)

Q10.優先株を発行したがために株価が下落したのでは。配当が評価されていないのだと思うが…。
A10.優先株については、他でも導入しようとしているところはある。優先株は海外保有者が多い。優先株の認識度が低いので、広める努力をする。

Q11.国内よりも人口の多いところ(中国)に進出するのは?あと、会社の位置付け(年齢で考えると青年期、壮年期、老年期)としてはどう考えている?
A11.中国には2社あるし工場もある。ここと東南アジアに力を入れる。会社の位置付けについては、伊藤園の社員の平均年齢が31歳と他の上場企業より若いことをいい、「青春時代」と回答。「私の顔を見て考えないように」という議長のコメントに会場ウケてました。

Q12.上海にサントリーの商品はあるが伊藤園のは見たことがない。
A12.関連会社は福建と浙江にはあるが上海にはない。まずはこの2つから。上海については、日本からコンビニが進出しているのでそこに商品を…と回答。「中国で儲けるのは難しい」とこぼしていました。

Q13.アメリカ戦略についての状況を知りたい
A13.アメリカは3社あるが黒字キープ。為替の問題はあるが2ケタ成長が続いている。ハイエンド向け商品はリーマンショックの影響があるも、中堅向け・PB商品が貢献している。

 ここで「ラスベガスにはなかったぞ!」のヤジが飛び、アメリカの会社の社長が「高所得者向けの店舗には入っている」と回答も「ホテルになけりゃしょうがないだろ!」という感じで返され…そこで議長が「努力不足です」と謝って解決。

Q14.ルートサービスの状況について教えて欲しい。うちの地元の店には伊藤園の商品、なかったぞ。あと、充実野菜の値段が高かったり安かったり、2lのPETボトルより500mlの方が高かったり、価格帯がよく分からないぞ!
A14.議長は質問者の地元を確認し担当を呼んで回答させた。価格帯の問題について。メーカーが小売に指示することはできないが、値下げのし過ぎは商品価値の低下にもつながるので…何とか…。

Q15.(昨年質問した件について)女性の雇用を増やしていただきありがとうございました。女性向けの商品についてはカロリーを考慮した商品を開発して欲しい。介護施設向けの販売強化、上海も暑いので強化を願いたい。
A15.参考にします。

Q16.(会場の近くの)店に行ったときのことだが充実野菜が分かりにくいところにあった。店の人に「伊藤園の営業は来ているのか」と聞いたら、「全然」と返って来たがやる気あるのかと。あと、専門店にしかない商品(ようかん)があるが、これをお茶とセットで売ったらどうか。
A16.この質問については回答覚えてないです…むしろ、最後に質問者が「議長は声が小さいかもしれないが通っていて聞きやすい。でも他の方は元気がない」と言いたい放題だったのが印象に残っています。

Q17.タリーズコーヒーとのコラボは?タリーズの商品で伊藤園とのコラボは。
A17.タリーズコーヒーの新商品については検討中の段階。タリーズの品質に値するものでないといけないので。タリーズの商品で伊藤園とのコラボについては別の方が回答も実質的には検討中。

Q18.国内と海外の売上構成比と利益構成比を教えて欲しい。
A18.海外の売上は現状数%で、利益に関しては赤字。中長期的には2012年までに海外の売上を10%以上にしたい。

Q19.以前トクホの商品で花粉症に効果のあるお茶の開発をしていると聞いたが。
A19.認可が下りずトクホとしては難しい。シソなど有効な素材はたくさんあるので、研究中。

 時刻も12:00に近づき、議長も「そろそろ終わりにしたい。次の質問で最後」としてあと2問受け付けたが…どうしようもないの2つで終わりました…。

Q20.高血糖にいいトクホ商品はないのか?
A20.2003年に「緑茶習慣」を発売開始した。売上は少なかったが、徐々に伸ばしている。

Q21.充実野菜買いたかったのに品切れだったぞ。もし3000万人伊藤園を飲む人がいて、3000万人カゴメを飲む人がいて、4000万人がどっちもだったら、4000万人に逃げられるぞ。
A21.議長が質問者の地元を聞いて…地区担当を呼んで回答させました。

 こんな感じに終了。議長は担当の言葉が足りなかったときに付け加えたり、客が怒っているときはその立場になり担当にひと言ツッコミを入れたり、なかなかの方でした。
 議案も問題なく通り、無事終了となりました。

 質疑応答ですが、議長の進め方もうまいし、各担当も分かりやすく説明していました。むしろ、質問の内容がイマイチだったり、質問に至るまでの無駄な話が多すぎたり…と感じました。
 その場で考えるのではないのだから、質問するならよく調べて、簡潔にして欲しいものです。

 最後にお土産をもらってサヨウナラです。

20090728_2.jpg

 メイソンナチュラルのサンプル品2つ、緑茶プレミアムティーバッグ20袋入り、タリーズコーヒー豆ハウスブレンド200gでした。

 総会に出席された方ですが、優待銘柄と言うことで女性がソコソコいました。総会もそれに合わせてというか、スライドにしても回答者の話し方にしてもやさしく、分かりやすかったです。
 優待銘柄として普通100株、優先100株でキープしておくと良いのではと思いました。

 まあ、私は既にその両方を離してしまっているのですが…安くなったらもう1回買おうかという気になりました。

 株主総会、なかなか面白いです。
 今年はこれで終わりですが、来年はいくつか出られるようにスケジュールを組めたら良いなと思いました。

 当ブログの記事は速報性重視です。誤字脱字、構成の悪さはご容赦願います。
 それでは失礼いたします…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グダグダ日記-みずほFG(8411)の株主総会に行ってきた…(20090625) [一般]

 ※今日は株だけなので三競の方は離脱で大丈夫です。

20090625_0.jpg

 今日はみずほFG(8411)の株主総会に行ってきました。小株主として実際どういうものか見たかったのだが、最初の挨拶とか事業報告は淡々と進むとして、その後の質疑応答がどうなるかチョット楽しみにしていたのだが…。

 基本的にはベテランの株主の方の自己満足の場というか、まあそんな感じなのですね…それでも中には面白い展開もあり…17人が質問したのだが、7番目に質問をした方がこんなことを言っていました。

 「みずほFGの所有している株の議決権行使のルールは?」

 こう切り出しておいて、その後にみずほFGが大株主となっている企業の株主総会において増配の株主提案をしても、みずほはその企業に議決権を白紙委任していると言い…ナアナアでやっているでしょうと突っ込みを入れた上で…

 「みずほ銀行のOBがそこに天下っているから議決権を白紙委任してるんでしょ」

 そういうことでしたか…株主総会初めてでしたが勉強になります。
 ただ、基本的にはどうでも良い質問が多かったです。増資がいつかと聞いても、答えが返ってくるわけないし…まあどんな質問しても大した答えは返ってこないのですが…。

 だから質問者も言いたいことだけ言う感じになるのでしょうね…どっちもどっちだ。

(中央前列に座っていたベテランの方がブチ切れていて…ウケてました。他のメガバンに比べて役員報酬が高いとか配当が安いとか…大声で言いたい放題。人が質問しているのにもやり合っているし…またこのお方、席を外すときも全速力で駆けており、とにかく熱かった…)

 社長は冷静な方で、質問者の話をよく聞いて受け答えしており好印象でした。

 10時から始まった株主総会は質疑応答だけで2時間半くらいやっていただろうか…長過ぎ。終わる頃(13時過ぎ)には半分以下の人数になっていました。
 議案はもちろん全て可決で、配当も1株当たり10円になりました。

 あと、みずほFGの株主総会に行ってもお土産はありません…いやあった?

20090625_1.jpg

 今になってマスクですか…大丈夫かなみずほ。
 怒号は散発的に飛んでいましたが、そこまで荒れたという印象はない株式総会でした。

 でも、競輪ファンのベテランより株主のベテランの方が元気がありますね。まあ、金持ちだから当然かもしれませんが…。
 あのくらい競輪場も野次が飛ぶようになれば、盛り上がっているということになるのですが。

 株式総会の印象は以上です。


 みずほFGとは長い付き合いになりそうです。すぐ戻るだろうと昨秋気楽な気持ちで1株334,000円買ったのが大間違いで、1週間で200,000円を割っていました…。
 なけなしの金でもう1株買って取得平均を下げるも、株式分割後の購入平均は285とほとんど終わっていました。そのまま塩漬けしていたのですが…

 競艇の女子王座で大きいのが当たりまさかの臨時収入。少しだけ残していた弾と合わせて突っ込む気になり…

20090310_3.jpg
 166円は年初来安値

 私の入っているゴジラ証券は約定代金10万円まで手数料無料なので、このように買い足しを続けて…取得平均を落とし…おかげさまで今は含み益の出ている立場になりました。ということで、平民としてはかなり気合の入ったみずほアホルダーです。
 500円になったらある程度完全に手放そうと思っているのですが、そこまで戻るのはいつになることやら…なんか大分かかりそうですね…。

 今日は株オンリーで終わりです。
 それでは失礼いたします…。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

その他-SANKYOが出していたメダルゲーム…(20081027) [一般]

 ギャンブルは小休止…。

 先日久しぶりにSANKYOのパチンコ台を打ったが、SANKYOはちょっとした工夫がうまいメーカーだと思っている。チョット前のパチンコでいえばフィーバーパワフルの8ライン、フィーバークイーンの再始動などがそうだ。最近でもスロットでパワフル系の台はSANKYOならではのゲーム性を確立しているし、パチンコも一定の支持を集めている。先日打った大夏祭りは今時の過剰な演出が気になるものの、期待度が低そうな展開でもしっかり入ることがあり、一応のバランスが取れていると感じる。
 SANKYOといえばパチンコ、パチスロであり(あーパロットなんてのもありましたね…)、今はホームページを見てもそれらの情報しか集まらない。しかしかつてはこんなゲームも出していた。

20081027_1.jpg

 三共がかつて出した子供向けメダルゲームの「スペースライナー」である。30代の人が子供の頃良く見かけたルーレットゲームの類だが、これは回転中BGMが流れるのである。

20081027_0.jpg

 これは有名ですね。レジャック(現コナミ)の「ピカデリーサーカス」です。初代は音源がなく、何代目かから音が鳴るようになるのだが(ピピピピってやつです)、三共はBGMを入れたのである。
 この程度ならどこでも考えるのだが、三共の工夫はルーレットの停止タイミングで、かなり早い段階の停止から長引くパターンまで用意していた。
(ちなみにピカデリーサーカスは下「0」右隣の「6」、上「0」右隣の「4」、右側にある「8」には止まりません。36コマあるので処理の関係からもう1箇所止まらない目があるはずですが作者は知りません…。亜種はその目にも止まります。配列だけパクっています。SANKYOは完全にはパクっていませんが、ちょっと似ているところもあります。)

20081027_2.jpg

 これも三共の出した「スプリンター」である。大半のゲームがルーレットの形をしている中、的の形をしているのが特徴。このゲームは中央部のカウンターが0~39の数値を刻み、それに対応した色のランプが点灯する。
 ゆえに、2~10のランプを上下に行ったり来たりしてゲームは進行します(40は左上の星が点灯し、ハズレの場合は何も点かない)。
 このゲームの他と違うところは、高速回転から徐々にコマ送りになる過程でカウンターがどのあたりで止まるかが予想できるのですが、「6」「8」「10」の位置が固まっているので、これらを狙っているときに止まるかもしれないことが分かるとアツかったことです。コマ送りになってから止まるまでに10秒弱ありますが、まるで今のスーパーリーチのような演出ですね。
 この発想は素晴らしいと思うのですが、残念ながらあまり発売には結びつかなかったようで、作者はこのゲーム1箇所でしか見たことがありませんでした…。

 「スプリンター」ご存知の方、遊ばれたことのある方、いらっしゃいますでしょうか?これは相当のレア台と思いますが、名機だと思います。

 こんなゲームも出していたのです。ルーレットゲームはいろいろなメーカーが出していたのですが、レジャック(コナミ)と三共のゲームはなかなか飽きなかったです。良くできているんですよね。

 ※画像が「駄菓子屋ゲーム博物館」の展示場にあるのと同じのがありますが、作者が一応提供者です…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

グダグダ日記-当ブログのアクセス状況はこんな感じです…So-netのアクセス解析編 [一般]

 昨日は当ブログの「Google Analytics」でのアクセス解析について書きました。今日はSo-netに標準で付いているアクセス解析機能について書きます。

20080617_0.jpg

 こちらのアクセス解析はサーバーログから取っているのかあらゆるアクセスを拾っています。ゆえに「Google Analytics」に比べるとかなり訪問者数が多めになります。ちなみに普通の日で100~120、大レース開催中だともう少し伸びて150程度まで行くことがあります。ページビューについては、200~350といったところです。
 上から2番目がたぶん携帯電話からのアクセスで、これと「Google Analytics」のセッション数を合わせて1日の訪問者数は50程度と考えています。
 この画像はページ別のアクセス数を表示していますが、時間帯別に表示することもできます。当然更新直後の時間帯で数字が伸びます。

20080617_1.jpg

 So-netのアクセス解析はリンク元を知ることができます。ほとんどがリンク元なしですが、これはもちろんお気に入りから来ているのではなく、多くがロボットの動きと思われます。検索サイトからのアクセスとしては、1日平均30数件、リファラスパムも1日に0~数件あります…。
 検索ワードを調べる項目もあるのですが、複数語で検索して来た場合でもその項目では一つ一つの単語に振り分けられてしまうので意味を成していません。

20080617_2.jpg

 各記事にどれだけのアクセスがあったか、コメントやトラックバックが付けられているかがわかります。作者の場合、アップしたその日に20アクセスあれば上々といったところです。1日に50行くことはまずなく、通算でも100を超える記事は全体の5%程度でしょうか。ちなみにトップページは1日20アクセス程度あれば…といったところです。
 記事名にキーワードにあたる言葉を付けてしまう(選手名、機種名ですね)と、検索にかかりやすくなりヒット数が伸びる傾向にあるので、内容の乏しい記事については題名に名詞を入れないように気を使っています(つもりです…たまに忘れます)。
 トラックバックについては、悪質なのが明らかでなければ残します。

 アクセス状況を調べることにより、さまざまな傾向が分かります。週末まで遠い月曜日は数字が落ちますし、大レースのない時期も数字は落ち気味になります。スロット日記は安定して数字が伸び、競艇だと現場参戦ものは後から数字が伸びます。競輪は伸びたりまったくダメだったり一言不安定です。競馬はおそらく需要ないです。
 あと、この記事のように午前中に上げるとSo-netブログの更新欄にもある程度の時間残るのか数字が伸びます。カテゴリ「一般」の記事だとギャンブルをしない方も見るので余計そうなりますね。

 昨日今日と「Google Analytics」「So-netブログ付属のアクセス解析」について書きました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る